資料ダウンロード

ネット炎上には、炎上前の「火種」の段階での対応が最も有効な手段です。

ネット炎上解決のお問い合せ ブラック企業というワードでつぶやかれるツイート数
ソーシャルメディアの炎上対策には早期発見こそが有効な手段です

WEBリスク(炎上)は「株価の下落」や「消費者からの苦情」など現実の被害が出始めてから気付く事が多い様です。 その場合、大きな被害を出しながら対策に追われることとなってしまい、場合によっては事業継続が困難になることもあります。 レジリエンスメーカーは、Twitterや大手掲示板の投稿を24時間自動監視し、企業名×ネガティブワード、サービス名×ネガティブワード等の投稿をいち早く発見し、メール等でお知らせします。 早期発見で炎上前に対策、対応することが可能となります。

早期発見で炎上前に対策
今すぐWEBリスク対策 一週間無料お試し レジリエンスメーカー 一週間無料お試し
貴凛庁株式会社
〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル9階
TEL:03-5835-0118 / FAX:03-3864-5080
お電話受付時間 (平日10時より18時まで)
ソーシャルメディア WEBリスク監視ツール

会社名や商品名、サービス名と、マイナスワードなどを予め登録しておけば、Twitterなどソーシャルメディア、大手掲示板からリアルタイムで炎上前の火種を検知し、メールでお知らせ致します。

ソーシャルメディア WEBリスク監視ツール

ソーシャルメディア等で商品やサービスに寄せられた意見は、商品の改善やサービスの向上に、また、マーケティングにもお役に立てます!

資料請求
資料請求

貴凛庁株式会社 TEL:03-5835-0118
お電話受付時間 (平日10時より18時まで)

ソーシャルメディア WEBリスク監視ツール「レジリエンスメーカー」の4大メリット

貴凛庁株式会社がご提供するレジリエンスメーカーは、ソーシャルメディアの炎上監視だけでなく、導入いただいた企業様に、大きなメリットをご提供できます!

ソーシャルメディア 監視ツール「レジリエンスメーカー」のメリット1 素早く察知!
WEBリスク監視ツール「レジリエンスメーカー」のメリット2 しっかり監視
ソーシャルメディア 監視ツール「レジリエンスメーカー」のメリット3 じっくり分析
WEBリスク監視ツール「レジリエンスメーカー」のメリット4 社内の健全化
今なら無料でソーシャルメディア 監視ツール「レジリエンスメーカー」を使用できます
今すぐWEBリスク対策 一週間無料お試し レジリエンスメーカー 一週間無料お試し
貴凛庁株式会社
〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-1-8 アダックスビル9階
TEL:03-5835-0118 / FAX:03-3864-5080
お電話受付時間 (平日10時より18時まで)
なんと初期費用は無料
初期費用 今だけキャンペーン中で無料!
基本料金(月額) ¥0
監視キーワード数 5件
  • システムのカスタマイズも出来ますのでご相談ください。(オプションサービス)
  • その他詳細については下記までお手軽にお問い合せください。
貴凛庁株式会社
TEL:03-5835-0118 / FAX:03-3864-5080
お電話受付時間 (平日10時より18時まで)

貴凛庁のサービスの特徴

WEBリスク(炎上・流出)からの組織レジリエンス
安心!納得!のクライシス対応
安心!のクライシス対応

海外ではアメリカのCIA・イギリスのMI6・ロシアのKGBなど諜報機関や軍のOBによる企業リスクマネジメント指導が一般的です。

企業リスクマネジメントでは一歩出遅れた形となっている日本ではありますが、自衛隊・警察・消防の優秀さは世界屈指である事を皆様もご存知かと思います。

私達貴凛庁株式会社は、自衛隊・警察庁・消防庁のOBが中心となって運営しています。
その各分野の危機管理メソッドをお伝えすることが出来、さらにネットやSNSに詳しいIT企業出身者も数多く在籍し、独特な進化を遂げているネット文化にも対応可能な危機管理対策・社員教育を実施することが可能です。



個人情報保護方針に付いて。必ずご覧下さい。

貴凛庁株式会社個人情報保護方針

代表取締役 江口 紀代子

貴凛庁株式会社 (以下、「当社」という。)は、当社の事業に要するすべての個人情報を適切に取扱うため、当社全従業者が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、その遵守の徹底を図ることといたします。

1.当社は、事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。
それには特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないこと及びそのための措置を講じることを含みます。

2.当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行います。

3.当社は、本人の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。

4.当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正のための措置を講じます。

5.当社は、個人情報の取扱いに関する苦情及び相談への適切かつ迅速な対応に努めます。また、当社が保有する開示対象個人情報の開示等の求め(利用目的の通知、開示、訂正・追加又は削除、利用又は提供の停止)を受け付けます。 ※開示等の求めの手続きにつきましては、末尾に記載の「個人情報苦情及び相談窓口」までご連絡ください。

6.当社は、個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善を行ないます。


◆当社が保有する開示対象個人情報について

1.個人情報取り扱い事業者の氏名または名称
貴凛庁株式会社

2.個人情報保護管理者の職名、所属及び連絡先
代表取締役社長 江口 紀代子
※連絡先は下記「個人情報苦情及び相談窓口」(末尾に記載)

3. 個人情報の定義
お客様を識別することができる情報を個人情報と定義いたします。
お客様を識別することができる情報とは、氏名、性別、生年月日、電話番号、住所、メールアドレス等、単独もしくは複数の情報が複合することにより、個人を特定することができる情報をいいます。

4. すべての個人情報の利用目的
当社が、お取引先様からの委託を受けて、業務を適切に実施するため、当社が取り扱う個人情報の利用目的を以下のように定めます。
・債権の行使や債務の履行を行う為
・契約に関連した事務手続き等を行う為
・派遣会員登録者の個人認証及び会員向け各種サービスの提供を行う為
・お客様の承諾に基づき、派遣利用企業への個人情報開示を行う為
・派遣契約または業務委託契約の締結、実施・運営の業務及び、社会保険加入、外国人雇用状況の届出等の業務のため
・お客様が紹介予定派遣、有料職業紹介を希望した場合においては、紹介予定派遣契約、有料職業紹介契約締結及び付帯の業務のため
・ダイレクトメールの発送やポスティング等の勧誘を行う為
・当社が運営する事業に関する市場分析、顧客満足度調査等を行う為
・サービス内容の立案、改善等の参考とする為
・接客態度向上の為

5. 個人情報の第三者への開示
お客様の個人情報は、以下の場合を除き、第三者に開示することはありません。
・ご本人の同意がある場合
・当社と守秘義務を締結した第三者に業務を委託する場合
・ご本人を特定することができないような態様で、統計的なデータとして発表する場合
・法令に基づく開示請求又は命令があった場合
・公共の利益の為に開示が必要であると当社が判断した場合
・開示についての緊急の必要性がある場合で、ご本人の同意を得ることが困難な場合

6.派遣先企業における個人情報管理
派遣先企業に提供されたお客様の個人情報は、派遣先企業の定める個人情報管理に関する規程に則って管理されます。当社は各企業に対し、利用目的の範囲内でお客様の個人情報を適切に管理するよう啓発します。

7.開示対象個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先
「個人情報苦情及び相談窓口」(末尾に記載)

8.開示等の求めに応じる手続
(1)開示等の求めの申し出先
「個人情報苦情及び相談窓口」(末尾に記載)
(2)開示等の求めに際して提出すべき書面の様式その他の開示等の求めの方式
下記を当社「個人情報苦情及びご相談窓口」までご送付ください。できる限り迅速に対応いたします。
a)当社指定の「開示等の求め申請書」
お手元にない場合は、ご連絡ください。こちらからお送りいたします。
b)本人確認書類
1)ご本人によるお申し込みの場合
本人の氏名、住所等が確認できる公的証明書のコピー(後日、ご本人確認のためにご連絡することがあります。)
2)代理人によるお申し込みの場合
下記の書類のうち該当するもののすべて。
①親権者(または未成年後見人)の場合
・本人の住所・本籍を確認できる公的証明書のコピー
・戸籍謄本(全部事項証明)1通のコピー
・代理人の住所・本籍を確認できる公的証明書のコピー
②成年後見人(成年被後見人の法定代理人)の場合
・本人の住所を確認できる公的証明書のコピー
・「登記事項証明書」1通のコピー(本人の法定代理人であることがわかるもの。)
・代理人の住所を確認できる公的証明書のコピー
③委任状による代理人の場合
・本人の印鑑証明書のコピー
・当社指定の委任状(本人の印鑑証明書で使用している印鑑を捺印したもの)
(当社指定の委任状がお手元にない場合は、ご連絡ください。早急にご郵送します。)
・代理人の住所を確認できる公的証明書のコピー(弁護士の場合は登録番号でも可)
※「公的証明書」とは、運転免許証、各種健康保険証・年金手帳等、写真付き住民基本台帳カード、旅券(パスポート)、外国人登録証明書、印鑑登録証明書、住民票の写し、戸籍謄本・抄本、外国人登録原票の写しなどを言います。
※ご提示いただいた本人確認書類は、以下の通り利用いたします。ご同意いただける方のみご送付下さい。
・当個人情報は、本人と請求人の同一性、代理権の存在、受任者と代理人との同一性の判断に利用いたします。
・ご提示いただく本人確認書類によっては、本籍地等特定の機微な個人情報を取得することがあります。
・上記5で記載した場合を除き、当個人情報を第三者に提供することはありません。
・当個人情報取扱いを当社と守秘義務を結んだ第三者以外に対して委託することはありません。
・本人確認書類等により本人確認が出来ない場合、開示等の求めに応じられない場合がございます。
c)手数料
・「利用目的の通知」あるいは「開示」につきましては、1件のお申込みにつき手数料として1,000円いただきます。1,000円分の郵便小為替を上記書類にあわせてご同封ください。
・上記の通り手数料が同封されていなかった場合は、その旨ご連絡申し上げますが、所定の期間内にお支払いいただけない場合は開示等の求めが初めからなかったものといたします。
・なお、送付頂いた書類は原則としてご返却いたしません。

※注意事項
・郵送や配送途中の書類の紛失、事故による未着などによって生じた損害につきましては、当社では責任を負いかねます。
・必要事項を全てご記入下さい。書類に不備がある場合は、開示等の求めにお答えすることができず、書類を返送させていただく場合がございます。
・個人情報保護法の例外規定にあたる場合など、開示等の求めにお答えできない場合がございます。
・開示請求の内容によっては、開示までお時間をいただく場合がございます。
・開示等の求めにともない収集した個人情報は、開示等の求めに必要な範囲のみで取扱うものとします。提出していただいた書面は当社で適切に廃棄いたします。
・「訂正等」、「利用停止等」の結果、該当するサービスがご利用いただけなくなることがあります。あらかじめご了承下さい。

※「開示対象個人情報」とは、電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成した情報の集合物又は一定の規則に従って整理、分類し、目次、索引、符合などを付すことによって特定の個人情報を容易に検索できるように体系的に構成した情報の集合物を構成する個人情報であって、当社が、本人から求められる開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止の求めのすべてに応じることができる権限を有するものをいいます。
詳しくは、「個人情報苦情及びご相談窓口」までご連絡ください。

9.免責事項
個人情報の開示等により第三者が損害を被った場合、当社に故意重過失がない限り当社は責任を負いません。

<個人情報苦情及び相談窓口>

貴凛庁株式会社
窓口:代表取締役 江口 紀代子
TEL:03-5835-0118
FAX:03-3864-5080
e-mail:
(受付時間 月曜日~金曜日 祝祭日を除く 10時~17時)

必須
 

※弊社からの返信メールは「info@resilience-maker.com」より送信させて頂きます。お客様の方で指定受信や拒否設定を行っている場合、弊社からのお送りさせて頂くメールが届かない場合がございますので受信可能な設定に変更後、ご記入頂く様お願い致します。
また、2営業日経過しても弊社から連絡がない場合、迷惑メールフォルダなどをご確認の上、大変お手数ではございますが、下記弊社までお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

貴凛庁株式会社 : TEL 03-5835-0118
お電話受付時間 (平日10時より18時まで)  担当鈴木